前へ
次へ

二世帯同居なら一戸建ての方がしやすい可能性

ライフプランにおいては、結婚と子育てを中心に考える人が多いでしょう。
ただ日本人は世界に比べると長寿の国なので子育てが終わった後のこともしっかり考える必要があります。
かつて60歳定年制が一般的だったのが徐々に定年の年齢が上がりつつあるものの、定年後に仕事をせずに生活する期間も数十年できるときもあります。
その間ずっと元気で誰にも迷惑をかけずに済むときもあれば、何らかの世話を受けないといけないときもあるでしょう。
住宅の購入をするときにはライフプランを考えてと言われ、その時に一戸建ては老後には住みにくくなるとの意見がありました。
将来的に住みやすいマンションに移るなら最初からマンションを買った方が良いのではと考える人もいます。
高齢になったときの一戸建てのメリットとしては二世帯同居がしやすかったり二世帯同居のリフォームがしやすい点が挙げられるでしょう。
購入時に子供と相談することはできませんが、将来ありうることとして考えておくと良いでしょう。

Page Top