前へ
次へ

中古戸を新築の一戸建てをどちらがよいか

よく、中古住宅と新築住宅の一戸建て住宅を購入しようか迷っている人がいます。
それぞれメリットとデメリットがありますので、よく理解しておくことも必要になるでしょう。
中古の一戸建て住宅のメリットは、格安で手に入れることができる点です。
それなりに良い品質の住宅を、新築住宅よりも1000万円安く手に入れることができることも少なくありません。
そのため、ねらうならば築5年程度の中古住宅がよいといえます。
逆に問題点は、設備や備品などが壊れやすくなることです。
前の住人がどのような使い方をしたのか、そしてどれぐらいの期間使ったかにもよりますが住み始めてから3年以内に給湯器などが壊れてしまうことも少なくありません。
これに対して、新築一戸建て住宅の場合には、建物自体が新しいため新築のにおいを嗅ぎながら住宅を選ぶことが可能です。
もし欠陥などがあった場合には10年間は瑕疵担保責任があるため責任を通ことができるのが大きな魅力になります。
それ以外には、新しい住宅に住んでいることを誇りに思人もいるはずです。

Page Top