前へ
次へ

ローンの控除が可能な新築の一戸建て

住宅ローンを組んだ後には、たいてい税金に関する手続きが行われます。
その理由は住宅ローン控除です。
現行の制度では、住宅ローンを組んだ時には減税されるようになっています。
ローンは生活コストの1つであると判断されますから、確定申告すれば減税できる訳です。
最初の1年目だけ自分で確定申告する必要があり、2年目以降は年末調整で問題ありません。
新築の一戸建てには、その住宅ローンが控除されるメリットがあります。
そもそも住宅ローンの控除は、全ての物件に適用される訳ではありません。
中古の住宅ですと、ローンが控除されない事がありますから、注意が必要です。
また中古の一戸建ての場合は、一定の耐震基準を満たしている必要があります。
耐震性に難があると判断されると、減税が困難な事があります。
それに対して新築の一戸建て住宅の場合は、たいてい問題なく減税されます。
面積に関する条件もありますが、ある程度は間取りが広い住宅であれば、特に問題ありません。

Page Top